なおやんはカレーパンが食べたい

カレーパンとナンの紹介をしています。お店は主に富山県。

MENU

柿里 の 究極のかれいぱん

スポンサーリンク

柿里 の 究極のかれいぱん です。
富山県砺波市で開催されている 2017となみチューリップフェア で食べました。
開催期間は2017年4月21日から5月5日までです。

 

 

私は現在、富山県に住んでいます。
富山県砺波市(となみ し)では、チューリップの栽培がさかんです。
ふと思い立ち、となみチューリップフェアへ足を運びました。



園内のチューリップを見て回り、私は癒されていました。

 

↓バラみたいですが、これもチューリップですよ。

 

 


あちこち歩きまわり、お昼の時間です。
ふと、視線を感じて振り返ると・・・

 

柿里の懸垂幕

 

カレーパンがおいででした。
アツアツのカレーパンだそうです。

 

先ほど感じたあの視線は、カレーパンからの熱い視線だったんですね。

 

 

早速購入し、究極のかれいぱんとの初対面です。

 

柿里 究極のかれいぱん

 

※ 当ブログの中の人 なおやんは、寒いと思って黒っぽい服を着用。
(黒は光を吸収しますからね。)
しかし割と暑いことに気付きました。
まぁでもスカートだし・・・

 

 

ところで本題のカレーパンです。

 

長さ20cm超、幅4cmくらいの、細長いカレーパンです。
パン粉がうっすらまぶしてあり、揚げてあります。
カーキ色の紙袋に入っています。

 

柿里 究極のかれいぱん

 

アツアツのカレーパン、きつね色です。

 

 

カレーパン「なおやん、最近元気ないんだって?元気出して!」

なおやん「・・・カレーパン!!」

 

 

食べてみます。

 

柿里 究極のかれいぱん

 

 

生地はプレーンと思われます。
パン生地部分が薄いため、黄色っぽく見えているだけのようです。



パン生地はカリッとしています。
アツアツなので、やけどには気を付けましょう。
やけどしたら、カレーパンだって悲しみますよ。

 

 

カレー生地は甘口です。
辛いものが苦手な私でも余裕です。

 

カレー生地はぼってりしていて、昔懐かしい味がします。
「公園で遊び疲れて家に帰った時、おばあちゃんが家で作ってくれていた夕食のカレー」
という感じです。
こういう、どこか懐かしくてホッとする味が好きですね。

 

あめ色の玉ねぎ、程よい食感があります。
ニンジンやジャガイモは、私が食べたときは見当たりませんでした。

野菜のうまみや食感は、私にとって重要事項です。

 

究極のかれいぱん、肉!って感じはなかったです。

 

 

柿里 究極のかれいぱん

「カレーパン」ではなく「かれいぱん」ですよ。

 

柿里 の 究極のかれいぱん。
チューリップを見ながら食べてみてはいかがでしょう。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

2017となみチューリップフェア

開催期間

2017年4月21日(金)~2017年5月5日(金・祝)

 

開場時間

午前8時30分~午後5時30分
(最終入園は午後5時00分)
天候などの影響により、会期・時間を変更する場合あり

 

入園料

高校生以上 1,000円
小・中学生  300円
※障害者手帳提示者と介助者1名無料

5月5日は小中学生無料

 

駐車整理料

大型バス   2,000円
マイクロバス 1,000円
普通車     500円

 

カーナビを利用の場合

公式サイトより、
「チューリップ四季彩館」
「0763-33-7716」
で登録すると良いそうです。

道の途中に案内板が複数出ているので、迷いにくいと思います。

ちなみに私は、記憶と案内板を頼りに行きました。

 

会場付近の駐車場はいくつかあります。
誘導員の指示に従いましょう。

 

 

公式サイト


 

柿里の究極のかれいぱんを食べるためには、チューリップフェアの会場の東門のほうに行きます。

砺波市美術館の東側、チューリップ四季彩館やオランダ風車の南側、富山ふるさと広場にお店が出ています。

オレンジ色と黄色ののぼり旗が目印ですよ。

柿里 究極のかれいぱん

▲PAGE TOP

スポンサーリンク

Adsby 忍者 AdMax