なおやんはカレーパンが食べたい

カレーパンとナンの紹介をしています。お店は主に富山県。

MENU

敷島製パン(Pasco) の マッサマンカレーパン

スポンサーリンク

敷島製パン(Pasco) の マッサマンカレーパン です。

マッサマンを食べたことのない私にとって、未知のカレーパンです。

 

Pascoのページを見ると、西日本での新発売商品らしいです。

東日本や九州、沖縄にお住まいの方は手に入らないと思われます。

ちょっとショックです。

 

 

気を取り直して。

 

 

赤系統の色を使ったパッケージです。

パッケージの写真のカレーがマッサマンかしら。

赤みが強いカレーなのね。

 

f:id:Naoyan:20160905183543j:image

 

パッケージによると、世界カレー紀行とのこと。

もしかして、来月は別のカレーパンが発売されるのでは・・・!!

胸が高鳴りますね。

 

 

 

裏を見ます。

 

f:id:Naoyan:20160905183552j:image

 

パッケージより。

 

マッサマンカレーとは

じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込み、ココナッツミルク、ナッツ、シナモン等で味付けをします。タイのカレーにしては珍しくルーなども濃厚で、なおかつコクと甘味はあり、辛さ控えめなのが特徴です。

 

なるほど。

 

辛い料理というイメージが強いタイ料理だけど、辛さが控えめだそうです。

ココナッツミルクが入るから まろやか なのかな?

辛いものが苦手な私は一安心。

 

 

 

マッサマンについての予習を終えたところで、お皿にのせます。

 

f:id:Naoyan:20160905183557j:image

 

粉チーズがまぶしてあり、焼いてあるタイプの三角形のカレーパンです。

長方形の生地を折り畳み、間にカレー生地を挟んであるのではなく、包み込んで三角形に成形されています。

パン生地は白っぽいですね。

 

パッケージを開けたら、ほんのりチーズの香りがしました。

 

 

 

割ってみます。

 

f:id:Naoyan:20160905183608j:image

 

パン生地はしっとりした感じです。

中も白いです。

 

カレー生地は赤っぽいですね。

トマトベースなのでしょう。

 

 

 

食べてみます。

 

 

パン生地は、ふかふかとしています。

とにかくシンプルな味ですね。

しっとりシンプルな味・・・どこかで食べたことがあるぞ。

 

 

カレー生地は中辛です。

口に入ってすぐは甘いです。

甘味があるなぁと食べていると、後で辛さがやってきます。

辛いといっても中辛くらいなので、ラッシーや飲むヨーグルトがあれば余裕です。

お茶でもいけますね。

 

濃厚でぼてっとした生地に、1cm弱角のジャガイモ、5mmくらいの肉が入っています。

ジャガイモはやわらかく、すっととけていきます。

ジャガイモは割と多く入っています。

食べていると、パン表面のチーズの香りが口の中にほんのりと広がります。

ほんのりチーズが、辛さを ほんの少し まろやかにしてくれます。

 

 

チーズ大好きな人からすれば物足りないかもしれません。

あと、私よりも辛いものが苦手で、「辛い!!」と感じた人もいるかもしれません。

そんなときは、 チーズをかけてトースターへin ですよ。

チーズがあると、辛さがいくらか まろやか になります。

こうしてアレンジすれば皆が幸せになれます。

 

 

 

短冊状のチーズなら、カレーパンにかける際に粉チーズよりこぼれにくいですね。 

ミックス シュレッド チーズ 1kg

ミックス シュレッド チーズ 1kg

 

 

 

 

まろやかでほんのり甘くて濃厚だけど後味ピリッとくるカレーと、シンプルなパンの組み合わせが絶妙なカレーパンです。

辛い料理が好きな方も、うま味を堪能しつつ辛さも楽しめると思いますよ。

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

Pascoのマッサマンカレーパンが載っているページはこちら

 → Pasco > 商品情報 > 西日本エリア

▲PAGE TOP

スポンサーリンク

Adsby 忍者 AdMax